芦ノ湖に店を構える寄木細工専門店 寄木細工うちはら

寄木細工うちはら
 

寄木細工について

歴史
寄木細工の歴史は古く、江戸時代後期に小田原と箱根の中間に位置する「畑宿」で石川仁兵衛氏によって、現在の寄木細工が確立され、明治時代になり、さらに複雑な模様が作られ、種類も増えていきました。

「畑宿」

小田原

寄木細工が畑宿で生まれて、盛んになっていった理由は、木材が豊富にあり、箱やタンスを作る木工を生業とする村人達が多かったこと
小田原城を造るために全国から集められた職人が、そのまま定住し、職人の数も増え、技術も向上していったこと
小田原と箱根の中間に位置する間の宿として、旅人でにぎわっていたため、土産品として作られるようになったこと とされています。

優れた技術が認められ、昭和59年、通商産業大臣より、
伝統的工芸品に指定されています。
江戸時代より現在まで、長い年月継承されてきたこの寄木細工の技術は、今もなお受け継がれ、小田原と箱根でのみ生産されています。

木の色
寄木細工の特徴として、鮮やかな木の色があります。
複雑な模様を作るために、たくさんの種類の木を使用します。どれも着色などされていない天然の木の色です。今では国内外問わず、いろいろな所から材料を仕入れています。
まゆみ・あおはだ・みずき
黒檀・かつら神代
にがき・うるし・くわ
ほう・はりえんじゅ
かつら・くるみ・けやき
こげ茶 ウォルナット   など
木の色

貼りの寄木細工  伝統の幾何学模様
木片を組み合わせて、市松、麻の葉、亀甲など伝統的な模様を作り、薄く削ったものを小箱などに貼る手法を貼りの寄木細工といいます。これは最初に考えられた手法で、お盆や箪笥、回数を動かして開けるひみつ箱などが有名です。

伝統の幾何学模様

作り方

まず、木の板を何層にも重ね接着させ、基礎材を作ります。
その板を必要な角度に合わせて、正確にカットします。
カットした木片を接着剤で合わせて、ひもでしばり同じ模様をいくつか作ったら、それぞれを接着します。
それを厚めにカットし、ブロック同士を接着させたものを
「種板」と言います。その種板を紙のように薄く削り、木製品の表面に貼り、塗装し完成です。
美しい模様は、手作りとは思えない程、精緻に作られており、一つの種板を作るまでが、大変根気のいる作業です。
基本の模様は60種類ですが、組み合わせ方などによって、
無限に近い数が出来るそうです。
職人さんによって、色使いや配置など、作られる模様にそれぞれ個性があり、異なるところも特徴と言えます。

常に新しい商品を開発し、進化しながら江戸時代より、絶えず作り続けられているこの工芸品は、見た目の美しさは勿論、製品としても優れていると言えるでしょう。

作り方