芦ノ湖に店を構える寄木細工専門店 寄木細工うちはら

寄木細工うちはら
 

無垢 寄木細工について

無垢の寄木細工 新しい模様
職人がイメージする模様を作り、寄木のブロックをそのまま削る手法を無垢の寄木細工と言います。この手法により、今までにない丸みを帯びた形や重厚感のあるものを形作ることができるようになったのです。

寄木のブロック

作り方

作り方
木の板を3層や5層に重ねて接着し、正確にカットします。
模様をイメージして、必要な色の木片を選び、接着し、組み立てられたブロックを型に入れ、圧縮します。

枠をはずし、乾燥させ、ろくろで加工していきます。
今の良質な接着剤は、接着力が強く、ブロックをそのまま削ることができる、丈夫な製品ができるそうです。

ろくろで仕上げた後、丁寧に塗りを重ねていますので、水洗いも可能です。使う程にいい色になり、つやがでてきます。


この手法により、寄木細工を作品として昇華させ、
製作の可能性を広げたと言えるでしょう。
貼りの寄木細工同様、組み方の違いで無数の模様ができます。
コースターや菓子器、お盆など、生活に密着したアイテムも豊富で、
今の暮らしにも溶け込む、新しいデザインが魅力です。    
         
研ぎ出しと塗りを重ねることによるつやと手にした時の感触は、
きめが細かくひんやりとして、なんとも言えないなめらかさなのです。
ろくろ職人や塗り職人など、色々な人の手を経て仕上げられた作品は、
作り手のぬくもりを感じる事ができます。
初めて見るという方も沢山いらっしゃるので、ぜひ多くの方に
無垢の寄木細工の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

無垢の寄木細工

撮フォトギャラリー